忍者ブログ
この画像は、マカオにある野良猫レスキューショップ「猫空間」が制作・販売している商品からお借りしたものです。
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上海万博を見に、上海へ行って来た。

↑スペインの巨大赤子。

会場はとてつもなく広かった。そしてどこも混んでいた。
これから上海万博を見に行こうという人は、夜7時半くらいから入場して、
ドイツ館併設のレストランでビールとソーセージを堪能してから、
人がいなくなったのを見計らって周辺をダダダーッと回るのがいいです。

個人的には甫西のデンマークが楽しかった。

↑自転車が置いてあるだけなんだけど。

会場内は清潔で、トイレがたくさんあって、紙もきちんと設置されてた。
移動手段は電気バスとフェリーで、どちらも無料。
さらに市内へ出る地下鉄も無料で走ってる。
ボランティアのスタッフは初々しく親切で英語もOK。とても好感が持てた。

そして上海の街は万博より面白かった。



↑昔の建物をそのまま利用した商店街、田子坊。


↑屋台が並ぶ小道にて。
ミニロブスターと言われて喜んで食べたけどよく考えたらザリガニ。


↑人民公園に置かれた婚活ボード。私のも置いてみたい。


↑本当はこれより対岸の古い建物群の方がずっとキレイ。


↑エジソン、アインシュタイン、チャップリンらが宿泊したホテルの展示室。
階段ひとつとっても美しい建物だった。泊まってないけど。

実は、私は本土の中国人を少し恐れていた。
マカオや香港と違い、本土の中国人は日本人が大嫌いで、
旅行をすれば嫌な思いをするに違いないと思ってたのだ。
でも、上海人はおおむね親切で、こちらが笑えば笑ってくれた。
列に並んでて横入りされたこともあったけど、
即座に注意したら謝って後ろに並んでくれた。
おかげで中国本土の印象が良くなった。ありがとう上海人。
バスや地下鉄では老人や、赤ん坊を抱いた女性に席を譲っていた。
どんなに都会でもこういうマナーは浸透してる。中国のこういうとこ好きだ。

びっくりしたのは、いきなりスタッフに怒り出す中国人のおっさん。
そばに自分の奥さんや子供がいるのに、狂ったように怒鳴りまくり、
気が強いはずの上海妻(か中国妻)が落ち着いて旦那を制止してた。
ありゃ何? 上海ではよくある光景?
理不尽に罵倒されているスタッフがあまりに気の毒で、
二度目に遭遇した時は介入しかけて一緒にいた友達に止められた。
「上海人は、外国人より中国人が嫌いなんじゃない?」というフローラの言葉も、
あながち冗談じゃないのかも。
PR
管理人:カワタミサ
職業:
フリーエディター/ライター
自己紹介:
リトルプレス『マカオのほほん』編集長。栄養士、普通自動車免許、マカオの現地ガイドライセンスを取得。手掛けた仕事にJTBパブリッシング「ララチッタ・マカオ」、イカロス出版「たびんご!マカオ」など。
メールはこちら
マカオの時刻
マカオの天気
為替レート
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

札幌のおもしろ人脈の頂きに立つタダノさんが作ってる読み物サイト。友達のおりんごも書いてます。


テレビで見ていっぺんで好きになった台湾一人観光局局長・青木由香さんのブログ。
ブログ内検索
計数器
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]